TOPIGS NORSVIN のバランスブリーディング

妊娠期間中に少ない餌の量しか食べていなかった母豚は、子豚に与える十分な母乳を生産するため、授乳期間中の摂取量が上がります。 

しかし、これには限界があります。母豚が大量の母乳を生産しなければならない場合、体脂肪や時には筋肉までを、代謝させる必要があり、母豚にとって、受胎に関する問題と、生産寿命の短縮につながる結果を招くことになります。つまりは、母乳生産と繁殖性と耐用性の間には、関連があり、Topigs Norsvinはこの関連性の遺伝的背景を特定し、生産寿命と再帰日数を安定させながら、泌乳能力を増やす改良を、育種プログラムの中に取り入れました。 

これらは、活力のある子豚の生産と、事故率の低減にもつながっています。強健な子豚は質の高い肉豚となり、手もかからず、飼料をより効率的に肉へと変換していきます。 

強健性の優れた母豚は活力のある子豚にとって良い母親である 

Topigs Norsvinは、活力があり、強健性の高い子豚を生産する、母豚改良を行っています。母豚自身が強健性に優れているため、多くの子数を連産することができます。母豚の哺育能力、子豚の活力、母豚と子豚の強健性を兼ね備えた「バランスブリーディング」により、Topigs Norsvinの信条でもある、“生まれてくる子豚すべてを、母豚自らが離乳させること”が可能となります。 

この投稿を共有する

Share on whatsapp
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on print
Share on email