“強い“母豚

Topigs Norsvinの品種は、耐用性と事故率の低さに定評があります。良い母豚とは単に生産性が高いだけではなく、腹当たりの子豚の数も多く、耐用性は四肢の質、繁殖性、体調など様々な要因に影響を受けます。母豚の耐用性には多くの要素が関わっているため、育種改良項目も多岐に渡ります。 

母豚の耐用性の側面として、生産期間中に母豚が死亡してしまう点が挙げられます。アニマルウェルフェアや経済的な点からも、これは最も望ましくないことであるため、これを理解し、育種目標の中に6つの形質を取り入れました。また母豚の外形についても非常に気を使っており、形質についてのスコアリングを行い、それらも育種改良に取り入れています。​

この投稿を共有する

Share on whatsapp
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on print
Share on email