“強い“子豚

子豚の優れた強健性は、Topigs Norsvin育種プログラムの中でも、重要な項目の一つです。そのためTopigs Norsvinでは、2001年から子豚の体重測定及び活力プロトコルを導入し、現在、年間約700,000頭規模の子豚の体重を測定しています。 

研究により、活力分野の育種価が高い子豚は、分娩前の段階から、内臓器官の発達を促す、血中コルチゾールレベルが高いことがわかっています。また強い子豚は、分娩時の体内エネルギーの蓄積が高いことと同時に、長く質の良い腸管を有しており、更に体脂肪の蓄積や、血中及び肝臓内のグリコーゲンレベルが高いことも明らかになっています。 

つまり分娩時に強く、しっかりと発達した状態の子豚は、生存率も高いということになります。 

この投稿を共有する

Share on whatsapp
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on print
Share on email