ドイツ無鎮痛処置の去勢禁止

 ヨーロッパでは、去勢時の鎮痛処置を推進しており、スウェーデン、ノルウェー、スイスなど、すでに無鎮痛処置での去勢を禁止している国もある。

 ドイツでは、鎮痛処置なしの去勢を違法とする法案が可決され、新法適用の移行期間が終了し、2021年1月1日より、法律によって無鎮痛処置での去勢が禁止されることとなった。それによりドイツの養豚事業者は、以下4つのいずれかの方法による去勢処置への対応を、法律で義務付けられるようになった。

       ◆イソフルランガスによる吸入麻酔

       ◆ケタミンによる注射麻酔

       ◆免疫学的去勢

       ◆未去勢のまま出荷

 ドイツの養豚事業者は、麻酔による追加コストを負うこととなったが、約半数の農場が子豚の鎮痛去勢を選択している。今後この割合が増加していくことが、ドイツ国内で期待されている。

Topigs Norsvin Japanー日の出物産株式会社

この投稿を共有する

Share on whatsapp
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on print
Share on email